*

あなたの肌と安全を守る、取扱説明書をよく読もう!

まだ、今みたいな便利な家庭用脱毛機械とかレーザー脱毛とか光脱毛設備とかが整ってない、若かりし時代の話です。今まで脱毛は主にカミソリで剃っていたのですが、ある日、面倒だったので別の方法を試してみようと思い、出来心でクリーム脱毛を買ってみました。そこまでは良かったのですが、取扱説明書をろくに見ることもせず、風呂に入る前、すねの部分につけて放置することにしました。時間は10分ほど。しかし、おばかな学生だったので、待つ間、雑誌か何かを読み出してしまったのです。しばらくすると、つけているすねの部分がぴりついて痛みを感じるようになりました。最初は脱毛効果か?などと、のんきなことを考えていたのですが、痛みが治まらず、あれ、本気で痛いと気づいてからすぐに洗い流しました。かなりの焦りを感じながら、、、。その後病院へ行くとかはなかったのですが、洗い流してすぐはちょっと赤みがでて、若干痛みが残ったので怖かったです。原因は長く置きすぎたことと、乾燥肌だったので、強く効き過ぎたこと(よりよって、昔、壁に併設してあったエアコンの側に足を置いて放置してました)だったようです。脱毛効果はあったものの、処理方法はカミソリに戻ったのはいうまでもありません。なのでみなさん、取扱説明書はきちんと読んで、正しく使用しましょうね! 八王子 脱毛


コメントする